2018年03月01日

「反対、賛成」ごみ減量化の必要性では一致

 今日もごみ収集回数変更に関する質疑が行われた。保守系の女性議員からは「突然の収集回数見直しに地元の方も反発している。市民の理解を得るための啓発が大事である」と訴えた。

 今日は高齢者の方の反対、賛成の意見を紹介する。
反対意見
「老人世帯のごみ出しを手伝っていますが、紙おむつなどかなりの量が出されます。週2回になったら大変困るのではないかと思います。」(70代男性)
 「週2回になると1回のごみの量が多くなり狭い収集場所は交通の妨げになって危険である。」(70代男性)
「家族の多い家、紙おむつ使用の赤ちゃんのいる家、老人のおむつ等々を考えていない。いろいろな家庭があることを考えることが必要」(80代女性)

賛成意見
「ごみの減量化は環境面でも大切なことと思う。むだなごみをいかに減らすかさらに追求すべきである」(70代男性)
「ごみの減量化に期待できる。家族の人数が少なくなっているので週2回で十分」(70代女性)
 同様の意見が多数。
「最終処分場を県外に頼っている現状はよくないし、捨てるときに再利用できるものを分別すれば週2回でよい。」(70代女性)
「賛成と書きましたが、もしかしておむつを使うようになった時は反対になりますよね」(80代女性)

どちらとも言えない方の意見。
「減量化になるかどうかわからない。週2回になったらごみが山になってカラス、ネコがよろこぶかも」(70代男性)
「市の予算もあることから、週3回を求めますが、やむ得ないとも考えています。」(80代男性)
などなど。

 収集回数変更に反対する人も賛成する人もごみの減量化の必要性では一致している。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:21| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする