2018年02月10日

専守防衛を逸脱する長距離巡航ミサイルの購入

 立憲民主党の宮川伸衆議院議員をお招きして、船橋・憲法を生かす会主催で「日本の安全保障と憲法」と題した市民公開講座が高根台公民館で開かれ、30名ほどの会員や市民が参加した。
 宮川さんは安倍政権が進めている長距離巡航ミサイルの購入問題やヘリ空母の改造問題など、憲法で許された専守防衛の範囲に入っているのかと強い疑問を呈した。
 また、南スーダンとPKO問題では、PKO参加5原則を満たしているか、自衛隊の安全を確保した上で意義のある活動が行われたのかどうかと指摘した。
 また、宮川さんから2月13日18時30分から鎌ケ谷中央公民館で開催される「原発ゼロ法案」タウンミーティングの紹介があった。
  
  IMG_2281 (1).jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:28| 千葉 ☔| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする