2018年02月22日

子どもの貧困対策の拡充

 市の新年度予算の中で、評価できる施策は子どもの貧困対策が拡充されることである。
 新年度市は、船橋市の子どもの貧困に関する実態を把握し、新たな施策や対策の方針を検討するための実態調査を実施する。児童扶養認定世帯4,300世帯と18未満の子どものいる世帯4,000世帯を抽出し、アンケート方式による調査を実施するとしている。
 就学援助の拡充は、新たに中学校のクラブ活動費が対象になった。低所得世帯の保護者に対し、部活動に必要な用具の購入費などについて29,600円を限度として実費分を援助を行うものだ。
 市は新年度からスクールソーシャルワーカーを教育センターに5名を配置する。
 市は、これまでスクールカウンセラーの全校配置などによって不登校問題に対応してきたが、子ども自身の問題だけではなく、家庭を含めて子どもを取り巻く環境に働きかけて問題の解決を図る必要のあるケースが増えてきたことから、教育分野に加え社会福祉に関する専門的な知識を有するスクールソーシャルワーカーを配置して問題の解決を図ろうとするものだ。
 学習支援事業の拡大は、生活保護世帯や生活困窮世帯、ひとり親世帯などの中学生に対し学習支援を行っているが、高校に進学した生徒に対し、進学後の状況確認や面談を実施し、学習意欲の継続につなげるというものだ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:02| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

介護保険料は月額で340円の値上げ

 開会前の15日から行っていた議案のヒャリングが今日午前中で終わった。

 新年度の予算規模は一般会計が2,0795千万円で、前年比マイナス0.7% 。特別会計・企業会計を合わせた予算規模は3,6855,565万円で前年比マイナス1,8%となっている。

 歳入の内、市税は過去最大の9998,360万円だが、地方交付税がマイナス26,7%243千万円、臨時財政対策債がマイナス22,9%562千万円、財源調整基金の繰入れがマイナス44,8%48億円となっている。

 歳出では、マンホールトイレの整備や脳ドック助成の開始。学習支援事業の拡大、子どもの貧困実態調査、就学援助費の拡充、スクールソーシャルワーカーの配置など子どもの貧困対策の拡充は我々が求めてきた施策で評価できるものだ。

 一方で、市長が選挙で公約した学校トイレ洋式化の予算が計上されていないことや子育て世代から反対の強いゴミ収集回数を週3回から2回へ見直すこと。国民健康保健事業の広域化に伴い保険料を年1,500円引き上げることや介護保険料は基準額で月額340円値上げされ5,300円になることが予算化されている。

 27日から始まる市政執行方針及び議案に対する質疑で活発な論戦が展開されることを期待したい。


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:23| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

公約違反の「トイレ洋式化」予算未計上

 議案に対するヒャリングの中で、新年度予算では小中学校のトイレ洋式化の予算が計上されていないことが明らかになった。
 市は、学校校舎の耐震改修が工事が平成27年度に完了したことから、平成29年度から10カ年計画でトイレの洋式化を進めることを明らかにし、昨年6月に行われた市長選挙で市長は「トイレ改修など教育環境を大幅に充実します」と公約した。
 28年度第4回定例会では、10年計画の前倒しを求める質問に「体育館の天井落下防止工事が終了する3年後に計画の見直しを検討したい」と答弁をしている。
 29年度の補正予算で1校のトイレ改修予算が計上されたが、これは明らに公約違反であり、児童や父母の期待を裏切るものと言わざるを得ない。市長を応援した我々としても納得しがたいことである。
 トイレの洋式化は多くの会派、議員が求めてきたもので、議会では厳しい議論となるはずだ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 22:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

第1回定例市議会が開会

 今日、平成30年度市議会第1回定例会が開会した。会期は3月28日までの38日間。
 市長からは市政執行方針や2,079億円の一般会計を含めた総額3,865億円の30年度当初予算や29年度補正予算、一般議案など52議案と諮問2件が提案された。
 議員からは、動物の愛護及び管理に関する法律の改正に関する意見書など5件の発議案が提出された。
 市政執行方針及び議案に対する質疑は、2月27日から3月2日までと3月5日、6日の6日間行われ、発議案に対する質疑は3月7日に行われる。
 予算決算委員会の分科会及び各常任委員会は3月9日から15日まで、予算決算委員会の全体会が3月22日、23日に開催される審議日程となっている。
 第1回定例会は、総額で3,865億円に達する30年度当初予算を議決する重要な議会だ。各議員、各会派の活発な議論を期待したい。
 副議長である私は、本会議での質疑はできないが、予算決算委員会、総務委員会では頑張って質疑、討論に参加したいと思っている。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

入札制度の改善へ

 市は、平成30年度からの建設工事について入札制度を改善することを明らかにした。
 その内容は、予定価格2億5千万円以上の建築工事の入札予定価格を現在の事前公開から事後公開にすること。
 設計金額5億円を超える技術的難度が高い建築工事について、これまで地元企業とのJV結成を入札参加条件にしていたものを、入札参加者を増やして競争性を確保するために単体企業も参加できる混合入札の実施を試行する。
 また、現在建設工事について一次下請契約の総額が3千万円以上の場合、社会保険未加入業者との下請契約を原則禁止しているが、一次下請契約の金額にかかわらず原則禁止するものだ。

 昨年の第3回定例会の決算委員会総括質問で、一者入札落札率99%問題を取り上げ、競争性がまったく働いていないことを指摘し、予定価格の事前公表の見直し、入札の地域要件を広げ入札参加者を増やすこと、一者入札の禁止を求めてきた。

 入札予定価格の事前公開は、職員が入札予定価格を業者に漏らす官製談合の防止するものであったが、現在では競争を制限し落札価格を高止まりにしている要因の一つとなっている。
 しかし、千葉県や千葉市で官製談合が明らかになった。入札予定価格の事後公開は官製談合を生む原因ともなる。官製談合を防止するための職員に対する研修や情報管理が肝要だ。
 一者入札を禁止すると入札不調が続出する可能性があることは確かであるが、ぜひ検討すべき課題だ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 22:39| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

幼児教育無償化の研修会

 今日、私立幼稚園教育振興議員連盟の研修会が、文部科学省初等中等教育局幼児教育課企画官の日野力氏をお呼びして開かれた。
 幼児教育無償化について、政府の方針や自らの見解を交えた講演があり、議員連盟の議員や私立幼稚園連合会の先生方、市の職員も参加した。
 日野力氏からは、幼稚園、保育園の園児数の推移や待機児童の状況、少子化の推移、幼稚園を取り巻く環境の変化などの基礎データーが示された上で、私立幼稚園の新制度への移行(認定こども園への)状況、幼児教育無償化についてのお話があった。
 3歳から5歳までの全ての子供たちの幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化し、0歳から2歳児については、当面住民税非課税者を対象に無償化するというものだ。
 しかし、無認可保育園や幼稚園の預かり保育など無償化の対象範囲については、今年7月までに結論を出すとしている。
 また、政府は待機児童対策として34年度までに32万人分の受け皿を整備する方針で、無償化による待機児童の増加はないとしているが、日野力氏よれば、これまでは保育料を支払う以上の収入があって就労していたが、無償化によってそれ以下の方も就労できるようになり、待機児童増加の影響は避けられないなどと述べた。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

「ふなっこアプリ」の運用開始

 今日、市は3月1日から、妊娠中から子育て世代までを対象とした「ふなっこアプリ」の配信を開始することを明らかにした。
「ふなっこアプリ」は、妊娠から出産、子育てに必要な情報や子どもの成長の記録などを一つにまとめ、育児や仕事などで忙しい保護所が、いつでもどこでもスマートフォンで確認できるアプリだ。市は、「ふなっこアプリ」を配信することで情報の発信力の強化や、安心して出産・子育てができる環境を図っていくとしている。【資料】ふなっこアプリ.pdf

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:38| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

原発ゼロ法案」タウンミーティング

 立憲民主党の「原発ゼロ法案」タウンミーティングが鎌ケ谷市で開かれ130人を超える市民の皆さんが参加した。
 このタウンミーティングは宮川伸衆議院議員が呼びかけたもので、今国会で立憲民主党が提出を目指している「原発ゼロ法案」について、市民とともに作り上げるとの思いから企画された。
 立憲民主党のエネルギー調査会の山崎誠衆議院議員から再生エネルギーにシフトする政界の潮流と乗り遅れる日本の状況、立憲民主党が提案する「原発ゼロ法案」の説明があった。
 参加者からは活発な質問や意見が続出し、熱気に溢れるタウンミーティングであった

 IMG_2411.JPG

 IMG_2424.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 23:49| 千葉 ☀| Comment(0) | 脱原発・自然エネルギ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

専守防衛を逸脱する長距離巡航ミサイルの購入

 立憲民主党の宮川伸衆議院議員をお招きして、船橋・憲法を生かす会主催で「日本の安全保障と憲法」と題した市民公開講座が高根台公民館で開かれ、30名ほどの会員や市民が参加した。
 宮川さんは安倍政権が進めている長距離巡航ミサイルの購入問題やヘリ空母の改造問題など、憲法で許された専守防衛の範囲に入っているのかと強い疑問を呈した。
 また、南スーダンとPKO問題では、PKO参加5原則を満たしているか、自衛隊の安全を確保した上で意義のある活動が行われたのかどうかと指摘した。
 また、宮川さんから2月13日18時30分から鎌ケ谷中央公民館で開催される「原発ゼロ法案」タウンミーティングの紹介があった。
  
  IMG_2281 (1).jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:28| 千葉 ☔| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

千葉市立青葉病院を視察

 今日も議長の代理で、県自治体病院経営都市議会協議会の視察で、千葉市立青葉病院を訪れた。
 千葉市内には市立病院が2個所の他、県立、国立、大学病院など11個所の公立病院がある。
 それぞれが、総合病院でありながら得意の分野を持ち機能が分散されている。
 千葉市立青葉病院は、病床数380床の中規模の病院であるが、第2次救急患者の受け入れは市内の病院で一番多い、また血液内科での白血病の症例数は県内第1位、精神科の病床の割合は全国でトップクラスで、感染症対策なども特徴だ。
 船橋市の医療センターは、建替の基本構想が策定され、建替事業に着手することになるが、市内の公立病院はリハビリ病院と医療センターだけだ。
 建替後の医療センターの病床数は500床程度で、医療センターにあらゆる機能を持たせるのは無理がある。民間病院との連携、機能分担を行いながらも県や国、大学病院の誘致も必要となっている。

 IMG_2270.JPG

 IMG_0010 送付用 (1).jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 15:33| 千葉 | Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする