2017年05月30日

市議補選は衆院選の代理戦争

 浦田秀夫通信の号外(地元版)を昨日から配布始めた。今日も涼しくなった夕方から地元で配布した。外に出ている人には挨拶をしながらの配布だ。
 配布の先々に、6月18日投票の市長選挙と同時に行われる市議補選(定数1)に立候補が予定されている自民党県連女性局長のチラシが、自民党千葉県4区の衆議院候補(前回落選)のチラシとセットでポスティングされていた。
 市議補選には8名ほどが立候補の準備をしているが、事実上民進党候補と自民党候補の一騎打ちだ。民進党候補は、野田元首相との二連ポスターを市内に張り巡らしているが、市議補選としては異例の熱の入れようだ。
 市長選挙では、自民、民進は現職候補を応援しているが、盛り上がりに欠ける市長選挙と裏腹に市議補選は衆院選の代理戦争としてヒートアップしている。
 自民党と安倍首相の支持率の高さをバックに、民進党王国と言われている船橋市で一矢を報うことができるのか、民進党が王国を死守することができるのか興味深々だ。
 それはともかく、市議補選の盛り上がりが市長選挙の投票率上昇に結びつくことを期待したい。

 もう一枚チラシが入っていた。地元自民党市議の市政報告会の案内で、週末に松が丘公民館で開催される。市政報告会には応援弁士として、自民党衆議院候補と松戸徹市長が弁士として参加することになっている。
 自民党市議に負けないよう明日からも地道に通信の配布をすることにしよう。

 今朝は、津田沼駅で、現職市長のリーフレット配布の手伝い、午後からは4市複合事務組合臨時議会に出席。臨時議会では、第2斎場建設工事請負契約議案や補正予算が審議され、全回一致で可決された。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:54| 千葉 | Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする