2017年05月13日

9条3項の改憲の狙いは安保法制合憲化

 今日千葉市内で、憲法を活かす会・千葉県協議会主催の憲法集会が開かれた。
 講師は、小西洋之参議院議員で「安倍政権の暴走を許すな!」と題して、南スーダン駆けつけ警護、米空母カール・ビンソンとの共同訓練、米艦防護など安保法制の運用の現状など憲法9条に違反の実態、安保法制はなぜ違憲であり、法の支配・立憲主義に反するのか、「昭和47年政府見解」を勝手に読み替えた安倍政権の不正行為(インチキ)を改めて厳しく批判、そして、憲法9条3項に自衛隊を明文で書き込む9条改憲の狙いは安保法制合憲化だと指摘した。
 その上で安倍政権を打倒するために、市民の側から「昭和47年政府見解」を勝手に読み替えた安倍政権の不正行為を暴露することが必要だと訴え、政党や政治家マスコミがこの問題をとりあげるよう働きかけることを呼びかけた。

 DSC_0955 (1).jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:56| 千葉 ☔| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

通信119号、4万枚配布完了

 浦田秀夫通信119号(2017年春季)の配布を今日で完了した。今回は4万枚発行し地域や駅頭、街頭で配布した。今回も多くの皆さんから励ましやご意見・ご批判もいただいた。
 いただいたご意見やご批判は、また次回の議会や通信の編集・発行に生かしていきたい。
 私、個人としても約14,000枚配布したが、残り26,000枚は支援者の皆さんのご協力で配布できました。配布にご協力いただいた皆さんに心から御礼申し上げます。
 さて、次号の作成に取り掛かることにしよう

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 19:15| 千葉 ☁| Comment(0) | 日々の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

都市計画マスタープラン中間年次報告

 都市計画マスタープランは、都市計画に関する基本的にな方針を定めたもので平成13年2月に策定されたもので計画期間は33年3月までの20年間で、中間の平成24年3月に改定(後期基本計画)された。
 昨日の都市計画審議会には、、改定から5年を経過したことから、事業の進捗状況や市民の満足度など現状分析を行うなうことにより、今後の方針を定める中間年次報告の報告があった。
 報告では、各施策は着実に進んでいるが、市政モニターアンケート結果では、道路の整備状況や公共交通機関の整備状況など必ずしも満足していない(不十分の割合が増えている)項目があるとしている。但し、各地区(5コミュニティー)によって傾向が違うし、その理由については述べられていない。
 今回の年次報告は、マスタープランの全体構想に基づいたもので、地区別構想による分析は行われていない。
 報告に対し、これまで、都市計画マスタープランは策定するだけで、進行管理はされてこなかったことに比べれば大きな前進だが、地区別構想による分析まで行えば「各施策は着実に進んでいるが市民は必ずしも満足していない」理由を把握し、地域特性に応じたきめ細やかやなまちづくりに活かせるのではないかなどと意見を述べた。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 11:22| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

AGCテクノグラス中山工場跡地の地区計画

 今日、都市計画審議会が開かれ、市からAGCテクノグラス中山工場跡地(以下工場跡地)の開発計画・地区計画についてと都市計画マスタープラン(改定版)中間年次報告についての報告があった。
 工場跡地の開発計画・地区計画は、東武線塚田駅の南側の工場跡地約7.78haを中高層住宅地区や低層住宅地区A・B、生活拠点地区(商業施設など)の4地区に区分し建物の用途制限、建物の高さの制限、又は緩和、敷地面積の最低限度など地区計画を定め、住工調和型市街地の形成、開発を行うとするものだ。

 提案に対し、中高層住宅地区では、建物の高さ制限を20mから30mに緩和するすることになっている。
 地区計画による高さ制限の緩和の条件は「区域の境界が6,5m以上の幅員をを有する道路又は公園、緑地、若しくは広場等の空地で区分されていること」となっているが、この条件は満たされているのか。
 また、同地区の用途地区は工業地域で日影規制がないが、高さ制限の緩和によって北側の近隣住宅に日影などの影響を与えないかなどと質問した。

 市は、幅員6,5m以上道路や公園が確保されない場合、特例として10mの壁面後退を行うことで高さ制限を緩和できる。北側住民に日影などの影響がでないよう建物の配置について開発事業者を指導したいなどど答弁した。
 高さ制限制度は、建築紛争を未然に防止するために導入されたもの。高さ制限を緩和することによって建築紛争が起きないよう開発事業者をきちんと指導することを要望した。
(次回へ続く)

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:16| 千葉 | Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

岸井成格さん講演会

 5月3日憲法記念日の今日、松戸市内で、TBSテレビ「サンデーモーニング」のコメンテーターの岸井成格(きしいしげただ)さん講演会が行われた。
 主催は2017年憲法記念日の集い実行員会で、会場の松戸市民会館は1200名の市民で埋め尽くされた。
 岸井さんは、保守本流の政治記者だが、政治はもちろん、経済・社会から世界の動向まで、鋭い視点で切り取り、時代の深層をえぐり出す力、それを明快な分析と分かりやすくテレビで伝えることができるジャーナリストとして評価されている。
 講演では、安保法制や共謀罪など憲法の危機、報道の自由の危機的な状況について具体的に述べた上で、ジャーナリズムの役割について「古今東西、権力は必ず腐敗し、時に暴走してきた。これにストップをかけるのがメデイア、とりわけジャーナリストです」と述べた。
 安保法制が米国の要請であったことを暴露した2015年のアミテージ元・米国務長官へのインタビューや「安保法案廃止に向けてメディアは声を上げ続けるべきだ」と発言したことによる「NEWS23」の降板劇など生々しいい話を聞くことができた。
 1944年生まれの岸井さん、体調が十分とは言えない中、迫力に満ちた講演で参加者に大きな感動を与えた。

 IMG_3411.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:55| 千葉 | Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

市民の会ニュース5月号発行

 浦田秀夫と市民の会ニュース5月号を発行しました。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
続きを読む
posted by 浦田秀夫 at 17:19| 千葉 ☀| Comment(0) | 後援会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする