2017年03月06日

特別養護老人ホームの整備について

 特別養護老人ホームの待機者が1月1現在で519名に達している。
 市は第6期介護保険事業計画(平成27年〜29年)の施設整備計画が第5期計画の422床から220床に大幅に減少したことを指摘した私の質問(27年3月議会)に対し、「対象者を要介護4・5に加え要介護3で一人暮らしや高齢者世帯のみの方、病院や老人保健施設で特養を希望している方まで拡大し、整備計画を240床に整備した」と答弁した。
 しかし、計画年度内に240床が整備されてもこれらの方々の待機が解消されないのではないかと質問した。

 市は待機者519名中、市が今期計画策定の対象とした方は440人で、今期計画の240床を上回っていることを認める答弁をし、これらの要因をしっかりと分析し、29年度に行う次期介護保険事業計画では、状況をしっかり想定したうえで、必要となる整備数を精査し、計画を策定したいとなど答弁した。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:10| 千葉 🌁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする